“紅葉坂”の読み方と例文
読み方割合
もみじざか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
両側に桜並み木のずっとならんだ紅葉坂は急勾配をなして海岸のほうに傾いている、そこを倉地の紺羅紗の姿が勢いよく歩いて行くのが見えた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
六時以後は直ぐに近くの紅葉坂の自宅に帰って、家族と一緒に晩餐る事にきめていたが、開業医の当然の責任として
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
旅館は出たがどこに行こうというあてもなかった葉子はうつむいて紅葉坂をおりながら、さしもしないパラソルの石突きで霜解けになった土を一足一足突きさして歩いて行った。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)