“蝮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まむし87.0%
くちばみ3.5%
はみ2.6%
うわばみ1.7%
ばみ1.7%
くちなは0.9%
たぢひ0.9%
ふく0.9%
クチ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何故と申しますに、十四年前の古い思い出がまれた昔の傷がちょうどズキズキ痛むように痛んで参ったからでござります。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
けどさらには腹磨り奔り
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
のうねりのにほひなし、入れどものうし。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
丸太るのぢやが、前刻もいつたのなかに横倒れになつてる、木地丁度のやうでにもくいふがるで。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
毒ながすなるくち
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
この天皇、葛城曾都毘古が女、日賣の命大后にひて、生みませる御子、大江の伊耶本和氣の命、次に墨江、次に水齒別の命、次に男淺津間若子の宿禰の命四柱。
また『和名抄』に和名倍美和名波美とあれば蛇類の最も古い総称がミで、宣長の説にツチは尊称だそうだから、ミヅチは蛇の主の義ちょうど支那でを王蛇と呼ぶ(『爾雅』)と同例だろう。
恐しいはぶは、山の神或は、山の口(か)として、畏敬せられ、海亀・儒艮(ざん=人魚)も、尚神としての素質は、明らかに持つてゐる。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)