“儒艮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ザン33.3%
じゅごん33.3%
ジユゴン33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
併し今こそ儒艮が寄らなくなつたので、鱶を代りに用ゐる事にして居るのは事実だが、海亀は現に沢山居るのだから、其来なくなつた代りに使うたものとはうけとれぬ。
信太妻の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
南の海上のザンの儒艮)の物語と対立して、東日本の荒磯にはアシカ・アザラシ・ミチの寝流れなどの話がもとは多かった。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
恐しいはぶは、山の神或は、山の口(か)として、畏敬せられ、海亀・儒艮(ざん=人魚)も、尚神としての素質は、明らかに持つてゐる。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)