“紙魚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しみ87.5%
しぎよ6.3%
シミ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盛りあがった気味悪い肉が内部からいていた。またある痕は、細長く深く切れ込み、古い本が紙魚に食いかれたあとのようになっている。
ある心の風景 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
いや、事によつたらどこかの図書館にたつた一冊残つた儘、無残な紙魚となつて、文字さへ読めないやうに破れ果ててゐるかも知れない。しかし——
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
お互にせはしない世の中に生れ合せて、紙魚の住みかにおち/\と、見ぬ代の祖々と話し交しても居られなくなつた。
幣束から旗さし物へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)