“夏服”の読み方と例文
読み方割合
なつふく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
代助のひにた平岡も其戸口からはれた。先達て夏服て、相変らず奇麗なとカフスをけてゐた。しさうに
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
動物園のおぢさん「ある夏服巡査が、かでこのをおどかしたことがありました。それからといふもの巡査るとります」
停車場の方に白い夏服が光り
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)