“落雷”の読み方と例文
読み方割合
らくらい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これはまた落雷のやうなでした。さつきからくのをやめて、どんなことになるかとはらはらしながらきいてゐた哲學者附近がもとの靜穩にかへると
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
……こうした責苦は、ほうっておいてもおそらく長くは続かなかったろうが……そこへ降ってわいた出来事が、まるで落雷のように一挙にすべてに落着をつけ
はつ恋 (新字新仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
それがために、この研究所には百万ボルトの高圧変圧器があるが、百万ボルトでは十分効果をあげない場合がある。もっともいい方法は、落雷の高圧電気を利用することだ。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)