“責苦”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せめく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“責苦”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 絵画材料・技法100.0%
文学 > ドイツ文学 > 戯曲25.0%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……これは子供につばを吐いたばちだ。子供に禁じた事を、親が犯した報いだ。だからコンナ責苦せめくうのだ……。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「嫌になるなア、あつしの行つたのは千駄木ですよ。尤もそれから谷中三崎町で引留められて、三日三晩の責苦せめくに逢ひましたがね」