“責苦”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せめく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は叶わぬ恋人を、あらん限りの愛撫で、よろこばせてやるかわりに、この世からなる地獄の責苦せめくを浴びせかけてやる外はない破目になった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
殿の屋形にいてからの姫は日夜拷問ごうもん責苦せめくい、そのはてはとうとう屋形のうしろの断崖から突き落されてこと切れた。
私はイッタイ人間世界に居るのであろうか……それとも私はツイ今しがたから幽瞑あのよの世界に来て、何かの責苦せめくを受けているのではあるまいか。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
これはここへ落ちて来るほどの人間は、もうさまざまな地獄の責苦せめくに疲れはてて、泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。
蜘蛛の糸 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そいつらを皆病気にかからせて自分のように朝晩地獄の責苦せめくにかけてやったならば、いずれも皆尻尾を出して逃出す連中に相違ない。
病牀苦語 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
ところでわれわれ近代の人間にとっては極楽の蓮華れんげの上の昼寝よりはのあたりに見る処の地獄の責苦せめくの方により多くの興味を覚えるのである。
油絵新技法 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
「嫌になるなア、あつしの行つたのは千駄木ですよ。尤もそれから谷中三崎町で引留められて、三日三晩の責苦せめくに逢ひましたがね」
……これは子供につばを吐いたばちだ。子供に禁じた事を、親が犯した報いだ。だからコンナ責苦せめくうのだ……。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「将軍。察するところ、過日、衆人の中であの責苦せめくをうけられたのは、何か苦肉くにくの計ではないのですか」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
じょあん孫七まごしち、じょあんなおすみ、まりやおぎんの三人は、土のろうに投げこまれた上、天主てんしゅのおん教を捨てるように、いろいろの責苦せめくわされた。
おぎん (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)