“しみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シミ
語句割合
汚点35.2%
汚染8.1%
8.1%
汚點7.0%
斑点7.0%
6.7%
紙魚5.2%
3.0%
2.2%
1.9%
斑點1.5%
汚斑1.5%
蠧魚1.5%
1.1%
嗜味0.7%
0.7%
衣魚0.7%
伝染0.7%
旨味0.7%
本虫0.7%
染点0.7%
浸染0.7%
至味0.4%
四味0.4%
0.4%
斑紋0.4%
染班0.4%
0.4%
滲染0.4%
肝斑0.4%
0.4%
0.4%
詩味0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その洋傘だって、お前さん、新規な涼しいんじゃないでしょう。旅で田舎を持ち歩行いた、黄色い汚点だらけなんじゃありませんか。
第二菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ゆうべおそく泥酔して帰った息子の官服を膝にくりひろげて、泥を払い、ほころびをい、またふと、血らしい汚染に老いの目をしばだたいて
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
最後の甚だったれた時間を夫婦喧嘩に費すという身分ででもあれば、私は、大阪の土地くらい煙たい階級のいない、のんきな、明るい
院長は汚點だらけの上つりを着て、口の聞きやうからが、いら/\した、物に構はないやうな、氣の置けない醫者であつた。
赤い鳥 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
これにはもっともの理由があった。他がどんなに綺麗でも、爪に一点の斑点があったら、貴族の婦人とは見えないからであった。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
天井を仰向いて視ると、彼方此方の雨漏りのしたようなが化物めいた模様になって浮出していて、何だか気味の悪いような部屋だ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
伝記家とわれてうのもうるさい。考証家、穿鑿家、古文書いじり、紙魚の化物と続西遊記にられているような然様いう者の真似もしたくない。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
から松はみすぐろしすぐろけど早や春来らし芽立湿れり
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
んだ土や、蒼々した水や広々した雑木林——関東平野を北へ北へとって行く汽車が、山へさしかかるに連れて、お島の心には、旅の哀愁が少しずつひろがって来た。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
ふるしたよ。手摺が一に、樺太ぶ。汽車白河いたのであつた。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
こっちの部屋から流れこんで行く燈光で、その部屋はと明るかったが、その底に濃紫斑點かのように、お八重は突っ伏して泣いていた。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ただ湯の沸くのを待つだけが望みであるこの森厳で気易い時間に身を任せた。木枯が小屋を横にめ、また真上から吹きへる重圧を、老人の乾いて汚斑の多い皮膚に感じてゐた。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
通常、必然と呼ばれる、運命と見えるものによってかれらは、古い書物にあるとおり、蠧魚喰いびくさり盗人うがちてもち去る財宝をたくわえることに従事しているのである。
ひどく吹きやしたなあどうも昨晩は妙にると思いやしたよ。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
秀江の肉体の一部が嗜味をそそる食品のように、なまなましく見えたりした。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
人の凍死するも手足の亀手陰毒血脉ぐの也。湯火を以てれば人精気血をたすけ、陰毒一旦るといへどもず、ざるを以て陽気陰毒也。
が、更に驚いたのはこの頃ふと架上の書を縁側の日の光にした時である。僕は従来衣魚と言ふ虫は決して和本や唐本以外に食はぬものと信じてゐた。
変遷その他 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
さて一月もたゝざるうちに近辺所々にてんぷらの夜みせいで、今は天麩羅の名油のごとく世上に伝染わたり、此小千谷までもてんぷらの名をよぶ事一奇事といふべし。
しく尽きる命数を、よしやばかり早めたと云つて、何事かあらう。可哀い娘が復讐の旨味めるのを妨げなくても好いではないか。己は毎晩その恐ろしい杯を、微笑を含んで飲み干してゐる。
復讐 (新字旧仮名) / アンリ・ド・レニエ(著)
京子はしきりに千世子の古い処々本虫の喰った本を出してはせわしそうにくって居るのを見て
千世子(三) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
赤い染点が付いている。「そりゃあ何だ、そりゃあ?」
しかも、歯がないせいか、顔が奇妙な提灯のような伸縮をして、なんとも云えぬ斑点のような浸染のようなもので埋まっている。
地虫 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
味っても味っても味い尽せぬ。又味わえば味わう程味が出る。旨い。苦中にも至味はある。其至味を味わい得ぬ時、人は自殺する。人生の味いは無限だけれど、之を味わう人の能力には限りがある。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
理智の抉出して目的を見ざる処に、至味存す。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
それがナ貴君のお眼は外障眼と違い内障眼と云ってい症ですから真珠麝香竜脳真砂四味を細末にして、これを蜂蜜で練って付ける、これが宜しいが
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
忠臣蔵に茶番の落を附けるのだから、お軽にも何か変つた長襦袢を著せたかつた。そこで所々を問ひ合せて、とう/\緋縮緬の長襦袢の背中に大きな黄色いの出来たのを手に入れた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
起こした体をまた横にし、雨もりの跡やらの跡やら、斑紋だらけの古襖の裾に、これだけは艶かしく置いてある、緋の胴がけの三味線へ、冷たい視線を投げてやって、九十郎はいい放した。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あのつんとすまし、ぬけぬけと白膚を天にえ立たしている伯母の山が、これだけは拭えぬ心の染班のように雪消の形に残す。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
それを亭主の方で浮気のをつけたり、女房の方で嫉妬の焼け穴でも拵えたり何かすれば、これを離して外の裏と合せると再縁になるようのもので、合せものは離れものでございます。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼の眼に映ツた豊艶な花は少しづつ滲染が出て來るやうに思はれるのであツた。おふくろは迂散らしい顏で、しげ/″\周三の顏をめてゐた。間も無くお房は銭の音をちやらつかせる。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
その師匠、顔に小さい肝斑が多くある人だった。永年黒御簾(はやし部屋)のうちにいると口も悪くなる。
噺家の着物 (新字新仮名) / 三遊亭金馬(著)
本棚のを防ぐ樟脳の目にしむ如きいは久しくこの座敷に来なかったわたしの怠慢を詰責するもののように思われた。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
の巣のようになっていて、古い臭い香もしながら字は明瞭に残って、今書かれたとも思われる文章のこまごまと確かな筋の通っているのを読んで
源氏物語:47 橋姫 (新字新仮名) / 紫式部(著)
それにさすがは文學支那びで、清一色とか、國士無雙とか、海底撈月とか、嶺上開花とか、四喜臨門とかいふやうな如何にも詩味のある字句使つてあるのも面白い。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)