地虫じむし
大都市は、海にむかって漏泄の道をひらいている。その大暗渠は、社会の穢粕と疲憊とを吸いこんでゆく。その汚水は、都市の秘密、腐敗、醜悪を湛えてまんまんと海に吐きだす。ところが、どんな都市でも、その切り口を跨いだあたりに奇異な街があるのだ。 そこ …
作品に特徴的な語句
ひっ 湿しっ 洗足せんぞく せせ かぶり とこ たじろ とど はず この なま ほど おく 理由いわれ 下腹したっぱら 全裸まるはだか 鞏膜しろめ もぎ せい 杜絶とぎ 所作しぐさ だる うすぎぬ はず ざま みよし 黄昏たそが とっ 揶揄からか まば 何処いずこ わき さぐ どぶ ぼか 凝然じっ いたわ みひら 浸染しみ 醜態ざま 打衝ぶつ 運命さだめ みじ しわが 退 てつ 執拗しつこ 蹌踉よろめ 穿うが 貴方あんた 奇異ふしぎ 女将かみ マスト 機関エンジン 憔悴やつ 小刀ナイフ 見下みくだ くつがえ 情夫いろ 船場せんば ずる へさき あたま あぶら こら 罪科つみとが ともづな 縡切ことき すが あや みは とし 独逸ドイツ 現代いま 瓦斯ガス 生憎あいにく 疲憊ひはい うず 痙攣けいれん 盲人めくら まぶ 眩暈めまい 眷族けんぞく すく メートル ミリ