“機関”のいろいろな読み方と例文
旧字:機關
読み方割合
からくり76.1%
エンジン15.2%
きかん4.3%
きくわん2.2%
だうぐ2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晋の区純は鼠が門を出かかると木偶が槌で打ち殺す機関を作った(『類函』四三二)。北欧のトール神の槌は専らって鬼を殺した。
よいか、わしに反抗するものがあったら、わしは、ここにいる味方の一人に命じて、動力機関を、一挙に破壊してしまうだろう。
怪奇人造島 (新字新仮名) / 寺島柾史(著)
とうとう機関が運転を止めて、いかりづなはおかに投げられた。そしてわたしたちはロンドンに上陸した。
に無けなしの懐裏を百七十円ほどめて、と参つた、小文学をも硯友社機関へると、が第七期、が第八期で、だ第九期なる者が有る
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
遽然丑松は黙つて了つた。丁度、喪心した人のやうに成つた。丁度、身体中の機関が一時に動作を止めて、斯うして生きて居ることすら忘れたかのやうであつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)