怪奇人造島かいきじんぞうとう
一怪汽船と怪老人 どろぼう船 冷凍船虎丸には、僕(山路健二)のほかに、もう一人ボーイがいた。それは、南京生れの陳秀峰と、自ら名乗る紅顔の美少年だ。 ピコル船長附のボーイだから、僕のような、雑役夫にひとしいボーイと、めったに話合う機会もなかっ …
作品に特徴的な語句
やっ すぐ 料理まかな チャン ながら ひやや ワイヤー はに 機会チャンス ノット むな おい 船乗マドロス 無手むて 食付くいつ 横浜ハマ あい てき すさ こら ふり ゆわ うれ よく そびや 彼処あそこ のが 島嶼しま 尾鰭おびれ 失策しま こら 麻縄ロープ かつ もら さわや 独言ひとりご 此方こなた マスト 機関エンジン しば つむ あか たす つき 立塞たちふさが ぬぐ たた こも 美味おい 怜悧りこう おい うなず 後退あとじさ ひき 帆布はんぷ 射殺うちころ 寿司ずし ぶね 見殺みごろし わか たず つき 可成かな 飛沫ひまつ かい またが へだた かたき とり さから 呼鈴ベル わか とま うめ 釘付くぎづけ かな 突出つきだ 真蒼まっさお 突付つきつ くま 眉毛まゆげ 白蝋はくろう 生命いのち 白堊はくあ 突破つきやぶ 皺枯しわが ふる