“エンジン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:えんじん
語句割合
機関70.0%
発動機30.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで、僕は推断を下しました。機関の騒音があるにもかかわらず、当然圧せられて消されねばならない、いや、通常の状態では絶対に聴くことの出来ぬ音を聴いたからだ——と。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
同室のボウイの口から甲板部の下級員が十七人、機関部が二十一人で、船はこれから一直線に南下して木曜島で海鳥糞を積み、布哇を廻って北米西海岸グレイス・ハアバアで角材を仕入れ
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
おまけに、塀の中からは、ひっきりなしに、強力なガソリン発動機の爆音が聞えてくる。近所のによると、蛾虫のような奇妙な形をした新型牽引車の試験をしているらしいという。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
未亡人の話では、発動機さえ取り付ければ、今日にもでき上るような話であったが、まだまだそこまで進んでる様子もない。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)