“海底撈月”の読み方と例文
読み方割合
ハイチイラオイエ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それにさすがは文學支那びで、清一色とか、國士無雙とか、海底撈月とか、嶺上開花とか、四喜臨門とかいふやうな如何にも詩味のある字句使つてあるのも面白い。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)