“迂散”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うさん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“迂散”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)7.7%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗史・民俗誌・民族誌3.0%
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
のみならず、周囲の卓子テエブルを囲んでいる連中が、さっきからこちらへ迂散うさんらしい視線を送っているのも不快だった。
路上 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
そして——たしかに預る、決して迂散うさんなものでない——と云って、ちゃんと、衣兜かくしから名刺を出してくれました。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)