復讐ふくしゅう
バルタザル・アルドラミンは生きてゐた間、己が大ぶ精しく知つてゐたから、己が今あの男に成り代つて身上話をして、諸君に聞かせることが出来る。もうあれが口は開く時は無い。笑ふためにも歌ふためにも、ジエンツアノの葡萄酒を飲むためにも、ピエンツアの無 …
作品に特徴的な語句
所以ゆゐん 微笑ほほゑみ ねたまし あづか ちと 此間このま ほしい かこみ ちりば あはれ 怪訝くわいが した 羽搏はゞたき ひるがへ げん 隧道すゐだう 匕首ひしゆ 可哀かはい やぶさか 妄想まうざう もつとも こうぢ 当然あたりまへ しづ むなし 栄耀ええう ごく 石階せきかい 穹窿きうりう つゞ くれなゐ のぼ 黄金わうごん 凸凹とつあふ 剽盗おひはぎ 女神ぢよしん 嬌態けうたい 岩窟いはむろ 微笑ほゝゑ 旨味しみ 痴戯ちき 石級せききふ くは いささか 諦念あきらめ くは 饒舌しやべ よはひ 上衣うはぎ すこ たふ とげ 刺客せきかく いん いと 口吻こうふん 咳嗄しはが たゞ 回抱くわいはう おごり かゞ 属饜しよくえん おれ たび あやま ふる さしはさ 流行はやり つか 為合しあは 為様しやう ともしび 畢竟ひつきやう ほゞ やゝ 笑談ぜうだん よそほ 絿ちゞ 艶姿えんし 花紋くわもん 葛藤かつとう おそれ いざな おく たまもの はる ふく 防遏ばうあつ ひま 食機しよくき
題名が同じ作品
復讐 (新字新仮名)夢野久作 (著)
復讐 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)