復讐ふくしゅう
昭和二年の二月中旬のこと……S岳の絶頂の岩山が二三日灰色の雲に覆われているうちに、麓の村々へ白いものがチラチラし始めたと思うと、近年珍らしい大雪になった。 その麓のS岳村から五六町離れた山裾に、この界隈での物持と云われている藤沢病院が建って …
作品に特徴的な語句
決定とりきめ うぶ 人間じんげん 仕舞じま びた れん 実父ちちおや 狩猟やまゆき まばたき 妖艶なまめか 親父ちち 羞恥はにかみ 意見かんがえ 養父とう すこ 退さが 蒼白まっさお かつ 払暁よあけ にく ぜん 決定きめ おび 平地たいら まる しゃ いだ 仄暗ほのくら 痕跡あと 電燈でんき 白湯 皮膚はだ ひら 流行はやり めじり 退 いや まぶ まなこ わたし から 寝台ベッド 寝床ベッド えが しま のち 自然ひとりで 臙脂べに 獲物えもの ふもと 玄洋げんよう 理由わけ 琴瑟きんしつ いらか 生命いのち おい 田舎いなか 界隈かいわい 白湯さゆ 相和あいわ 真暗まっくら 真鍮しんちゅう くら 眼指めざ ねむ にら まつげ みは 矢張やは 硝子ガラス 神々こうごう 空虚うつろ 穿鑿せんさく はず のり すが 羅紗らしゃ かざ 股火またび さえぎ 遺児わすれがたみ さび
題名が同じ作品
復讐 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
復讐 (新字旧仮名)アンリ・ド・レニエ (著)