“丸太”の読み方と例文
読み方割合
まるた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丸太を立てて、そのいちばん下を力いっぱいったのと変わらない。モンクスは自分の足を上に、ずでーんとたたきつけられた。
柔道と拳闘の転がり試合 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
この蟹は螯脚がむやみと大きく、それが小さい甲羅から二本ぬっと出ている姿は、まるで団子丸太をつきさしたような恰好である。
南画を描く話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
翌日見まわると、ロボの足跡はわなからわなへと続いていたが、わなはみなほじり出されて、鉄鎖丸太もむきだしになっている。