金魚は死んでいたきんぎょはしんでいた
「おやおや、惜しいことしちまつたな」 思わず口から出たひとりごとだつたが、それを聞きとがめた井口警部が、ふりむいて、 「なんだい。何が惜しいことしたんだね」 というと平松刑事が、さすがに顔を赤らめひどく困つた眼つきになつて、 「いえ……その …
作品に特徴的な語句
たい さい かん だん 帰宅きたく ちゅう ぽう かん あじ ぷん かい うえ たし あわ たん すく 真実しんじつ 失敗しっぱい 直接ちょくせつ 連中れんちゅう おこな 出入でい 全然ぜんぜん 白金はくきん 庭先にわさ おこ 調査ちょうさ 調しら 居室きょしつ あず 混入こんにゅう 温和おんわ びき 動搖どうよう けん 会話かいわ 住宅じゅうたく ゆる なに てん 大略たいりゃく よび 借金しゃっきん ぶん がつ けん さん 手配てはい 推測すいそく たたみ 挙動きょどう だれ 名前なまえ 読書どくしょ むか かた はな 訪問ほうもん めい 発見はっけん 抵当ていとう 商売しょうばい はら 庭石にわいし 空洞くうどう ねん 立話たちばな かれ 工場こうじょう ばこ したが しま えん 老人ろうじん たい 念入ねんい きこ きゅう じつ あや 口争くちあらそ 売買ばいばい 表向おもてむ 場合ばあい 所為しょい 見解けんかい おお