叙景詩の発生じょけいしのはっせい
私の此短い論文は、日本人の自然美観の発生から、ある固定を示す時期までを、とり扱ふのであるから、自然同行の諸前輩の文章の序説とも、概論ともなる順序である。其等大方の中には、全く私と考へ方を異にしてゐられ …
作品に特徴的な語句
其儘そのまま シビ カミラ ウタゲ モト 我家ワギヘ 彷彿タタ 夫子セコ 住吉スミノエ 平群ヘグリ 寿詞ヨゴト 葛城カツラギ 鴛鴦ヲシ あやま 下枝シヅエ カタ 引入ヒキイ 山門ヤマト 小林ヲバヤシ 風流フリウ 愚癡ヲコ 御神ミカミ 振事フリゴト ハジカミ ヤマト 賓客マレビト 川口ミナト ヒル 許多コヽダ ヨラ 建部タケルベ 西風ニシ 海部アマ 先駆サキガ 大曲オホワダ 射水イミヅ モヒ 直会ナホラヒ 反閇ヘンバイ 加古カコ 大歌オホウタ 御命ミイノチ 石上イスノカミ 大石オヒシ 細螺シタダミ 木梢コヌレ 一本薄ヒトモトスヽキ 川俣カハマタ ヒサギ 象山キサヤマ 不敢カテニ 依網ヨサミ 印鑰オシテ 新漢イマキ 猟矢サツヤ 秀枝ホツエ 群竹ムラタケ 英虞アゴ 御狩ミカリ 日並ケナラ 静子シヅメコ 小丘ヲムレ 印南野イナミヌ 粟生アハフ 吾君アギ 大宅オホヤケ 安礼アレ 宮処ミヤコ 御饌ミケ 添上ソフガミ 烏草樹サシブ 率行ヰニ 百済野クダラヌ 菱殻ヒシガラ ヌナハ 薦枕コモマクラ 蘆辺アシベ 頻鳴シバナ タナ 猪名野ヰナヌ