“蕨村”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けつそん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕨村”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
難波津なにはづ蕨村けつそん居士といふものありて、教育時論に一篇の文(一元論と二元論)を載せ、われにおなじやうなる詰問をなしていはく。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)