“叔斉”の読み方と例文
旧字:叔齊
読み方割合
しゅくせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
してみると屈原よりも、漁父の方に達見がある。またかの伯夷叔斉は、天下が周の世となるや、首陽山に隠れ、を採って食った。
教育の目的 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
後、殷の紂王、悪虐のかぎりを尽し、ついに武王立って、これを伐つも、なお伯夷叔斉は馬をひかえて諫めておる。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
話を聞けば耳が汚れると塩梅式は、丸で今世の伯夷叔斉、静岡はも明治初年の首陽山であったのは凄まじい。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)