教育の目的きょういくのもくてき
今日世界各国の人の学問の目的とする所には種々あるが、普通一般最も広く世界に行われている目的は、各自の職業に能く上達するにある。マア職業教育とでも言おうか。あるいはモウ一層狭くいうと、実業教育というのが、能くその趣意を貫いているようである。子 …
作品に特徴的な語句
莞爾にこや あや あら もと かんがみ ますま かえ ておの ひっく やわら 彼所あそこ 彼方あっち 此方こっち 波斯ペルシア ほまれ つい すなわ セント つと いと ふく おおい ことごと むか たのし だま フラン 犬除いぬよけ すぐ きたな 美味おい あやま つら 云々うんぬん 伯夷はくい 何処どこ 何所どこ 偏頗へんぱ 偶々たまたま もう 其所そこ かぶ 出藍しゅつらん はじめ 利目ききめ きざ 割拠かっきょ 叔斉しゅくせい あじわ 国是こくぜ おお 天降あまくだ まっと 就中なかんずく わか 巌手いわて 幾許いくばく もてあそ ドル よろこ 愛蘭アイルランド 慷慨こうがい はばか 折角せっかく 招聘しょうへい こしら 挿画さしえ つま きた 此方こちら こと こわ 毛頭もうとう 汨羅べきら 流行はや ようや しか 独逸ドイツ ちが 真平まっぴら ねむ 睥睨へいげい 窃盗せっとう 算盤そろばん もつ ののし 美味うま
題名が同じ作品
教育の目的 (新字新仮名)福沢諭吉 (著)
教育の目的 (旧字旧仮名)新渡戸稲造 (著)