“蕨草”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けつさう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕨草”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
の千載一遇の好機会に当り、同胞にしてし悠久の光栄を計らず、いたづらに一時の旗鼓きこの勝利と浮薄なる外人の称讃に幻惑するが如き挙に出でしめば、吾人ごじんは乃ち伯叔と共に余生を山谷さんこく蕨草けつさうに托し候はむかな。
渋民村より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
PR