“蕨峠”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わらびとうげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蕨峠”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
入折戸に着くまでが既にい加減の難所であった。それから蕨峠わらびとうげを越していよいよの三里は、雪が降れば路が出来るけれど、夏草が繁ってはとても行来ゆききは出来ぬのであった。
壁の眼の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
PR