入江のほとりいりえのほとり
長兄の栄一が奈良から出した絵葉書は三人の弟と二人の妹の手から手へ渡った。が、勝代のほかには誰も興を寄せて見る者はなかった。 「どこへ行っても枯野で寂しい。二三日大阪で遊んで、十日ごろに帰省するつもりだ」と筆でぞんざいに書いてある文字を、鉄縁 …
作品に特徴的な語句
むさぐる つこ いじ ふか きょく 似合にお あわた 夕餐ゆうめし 法師ぼっち ばえ 憐憫あわれ たかぶ 普通あたりまえ うる 娯楽なぐさみ 問糺といただ くわだ いつも おろか みん 先日こないだ 平生ふだん 相互たがい 相応そうおう 資本しほん にぎわ はず 呻吟うめき やわら やさ 突如だしぬけ かご おさ 投機とうき 草臥くたびれ まず ぬぐ とびら はさ あわれ よし あわれ 背負せお おろ さぐ あか いわ 識別みわ ふん 朝餐あさめし 報告しらせ がまち さわや うらら 熟視じゅくし 交互かたみ 問詰といなじ うるさ 秘密ないしょ すま うさぎ しか がん たたみ 疼痛いたみ かたく 馴染なじ あたた なめら 羽叩はばた 田圃たんぼ ひるがえ 耳障みみざわ ふけ 白痴ばか つんぼ 発句ほっく 田舎いなか 算盤そろばん 草履ぞうり たた ひざ ぜん なお 畢竟ひっきょう
題名が同じ作品
入江のほとり (旧字旧仮名)正宗白鳥 (著)