入江のほとりいりえのほとり
長兄の榮一が奈良から出した繪葉書は三人の弟と二人の妹の手から手へ渡つた。が、勝代の外には誰れも興を寄せて見る者はなかつた。 「何處へ行つても枯野で寂しい。二三日大阪で遊んで、十日ごろに歸省するつもりだ。」と鉛筆で存在に書いてある文字を、鐵縁 …
作品に特徴的な語句
むさぐる いぢ かたは うま かうべ うち りやう とつ 故郷うち おのづ かは やはら 憐憫みじめ かつ えい 全然まるきり むづ たかぶ 將來さきざき はづ 執念しふね 上手じやうず すこ みづか 相互たがひ はた 水棹みさを 此方こつち とど 普通あたりまへ 日光ひかり 小串をぐし 夕餐ゆふめし あが うら くが 都會まち 追付おつつ ずい 老父としより 突如だしぬけ あを 眠付ねつき 爲出しで うるほ いか 水甕みづかめ やさ まづ あはれ いたづ 平生ふだん そね 娯樂なぐさみ 妄想まうさう 多武たふ 呻吟うめき いつも ちつ 吩咐いひつ 行方ゆくへ 往來ゆきき 出入ではい 都會みやこ 畢竟ひつきやう あわただ 翌日あくるひ 慈愛いつくしみ 生家うち 狂人きちがひ 住寺ぢゆうぢ うるさ 手桶てをけ 脚袢きやはん 灰燼くわいじん 識別みわ なじ 親爺おやぢ のぞ 提灯ちやうちん 揶揄からか 漁夫れふし 草履ざうり よし 茫然ぼんやり わらび いちじる 氣儘きまま 光線ひかり 草臥くたびれ ふくろ
題名が同じ作品
入江のほとり (新字新仮名)正宗白鳥 (著)