“手桶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ておけ81.0%
てをけ19.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ばあさんが古手桶を下げて出て参り升て、私どもの腰かけてるの小川の中へ手桶を浸し、半分ほどはいつた水を重気にあげ升た。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
そこへ相役の一人が供先から帰って真裸になって、手桶げて井戸へ水を汲みに行きかけたが、ふとこの小姓の寝ているのを見て
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
天秤した。お天秤へたさなをぶらさげてそれで手桶けてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
そこもさんのきなところで、手桶をかついでたり、んだりするつて、それを見のをひました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)