“番手桶”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばんておけ80.0%
ばんてをけ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“番手桶”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
庭先に番手桶ばんておけ荒筵あらむしろを敷いて、その上の枝ぶりの良い松にり上げたのは、半裸体の美女。
残ったる番手桶ばんておけの水をきたるとおぼしき。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
庭先に番手桶ばんてをけ荒筵あらむしろを敷いて、その上の枝ぶりの良い松にり上げたのは、半裸體の美女。