藪の鶯やぶのうぐいす
第一回 男「アハハハハ。このツー、レデースは。パアトナアばかりお好きで僕なんぞとおどっては。夜会に来たようなお心持が遊ばさぬというのだから。 甲女「うそ。うそばかり。そうじゃござりませんけれども。あなたとおどるとやたらにお引っ張り回し遊ばす …
作品に特徴的な語句
こう おやじ さき 衣服こそで くれい ある 下手げす 家中やうち おもてむき 女子にょし つこ 帰途みちすがら とき まさし たわぶ 昼飯まんま 生長おいたた 風俗てぶり さいず くじ 家屋すまい 死去なくなり 流行はやる 公然おおやけ 割烹りょうり 娘子むすめ おど かたわら きみ 後来すえ いだ 敵手あいかた しも 紅葉もみじば はた 淡紅うすくれない おく めえ 巴里ぱり 厚顔あつかお 中間なかま 身長みたけ エッチ こし 華奢かしゃ 志操おもうこと 繻子じゅす ほん 如才じょせえ とお 兄様にいさま つとむ 人気じんき はな わき なか まさ 後家おんなやもめ まんま 彷徨ほうこう すぐ たな 上下かみしも むしろ 男子なんし 行燈あんどう 独逸どいつ いと 袖口そでくち むすめ 昼飯ひる あるじ つら こび 一歳ひととせ さい つま 同士どし たく 妄想もうぞう しず いもと 予想おもい 返照なかなおり えい たが 祝筵しゅくえん