“箒木目”の読み方と例文
読み方割合
ははきめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
表の大地は箒木目立ちてもなく。格子戸はきれいにふききよめて。おのずから光沢をおびたり。残ったる番手桶の水をきたるとおぼしき。ぬぎのみかげ石の上に。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)