“掃木目”の読み方と例文
読み方割合
ほうきめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
掃木目の新しい庭へ縁台を出し、隣同志話しながら煙草など吹かしてる、おいらのような百姓と変らない手足をしている男等までが、つかいなんかが、どことなし品がえい
姪子 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)