“問糺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
といたゞ42.9%
とひたゞ28.6%
きゝたゞ14.3%
といただ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目科は「出来るとも僕が此事件の詮鑿を頼まれて居るでは無いか仮令い夜の夜半でも必要と認れば其罪人に逢い問糺す事を許されて居る」
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
みにはる共此方にはかなる證人あるぞ證據なきことは問糺さず如何程に強情を申すともが一命は助かる事でなし彌々はるに於ては證人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
善「世話をする人があれば貰うがいゝよ、媒介口と云うものはい事を云うものだから、先方問糺して貰うが宜しい、再縁でもする女か」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
早う嫁さんをりなさいな。小串にちょうどよさそうなのがあって、東屋の爺さんが話を持ってきたから、も一度よく問糺して、なるべくならあれにでも極めたいと、お父さんが言うておった。
入江のほとり (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)