“糺問使”の読み方と例文
読み方割合
きゅうもんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真人が、糺問使として、東国へ向うと聞いたとき、忠平の子息の九条師輔や大納言実頼たちは、口をそろえて
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)