黄金仮面おうごんかめん
作者——江戸川乱歩氏曰く 私は、最近、従来の「小探偵小説」を脱して、もっと舞台の広い「大探偵小説」へ進出したいと思っている。今回の『黄金仮面』は実にその第一歩である。 本篇活躍の主人公は、例のお馴染の素人探偵明智小五郎であるが、彼も段々に成 …
作品に特徴的な語句
はゆ しの おじ いき とめ さが ふさ ひやや きわま 相伴あいて 一時いちどき あやぶ たたかい 強直こわば 人殺ひところし がえる いわん 俯伏うつふ なまめ とざ 彼方あなた 打破うちわ まっと ばく えにし むな そめ むこう つか わし 口惜くちお 這出はいで じょう 突刺つきささ しっか ぜん 最早もは けん きわ やっこ 相似そうじ ただ おびや アー 一寸いっすん 一巡ひとまわり おのず つかま やき 一箇いっこ あるい ばん ひっ わざ しな あわただ たが はた あた 悚然しょうぜん 木場こば もと おさ いか 近々きんきん ろう ほがら たま かな るい むね おぼ だく はかりごと ひい 見顕みあらわ 如何いかん まず そと つい 竹箆しっぺい へだた