“驕兵”の読み方と例文
読み方割合
きょうへい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幕兵とちがって、連日、戦に勝っている驕兵だし、肩の錦布が、めずらしくて、誇りがましくて、犬にも威張ってみたいような薩摩兵の群れであった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お驚きになることはありますまい。これは黄忠が驕兵の計に違いありません」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
驕兵
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)