“錦布”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんき50.0%
きんぎれ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“錦布”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……そういえば思い当る、九段からあのお壕端かけてかえりはことに錦布きんきれの薩摩侍が大ぜい殺気立っていたっけ、このごろ毎度のことだから気にも留めていなかったし、それにこっちは師匠のことで一杯だったから
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
どう弁解しても、駄目なのだった。幕兵とちがって、連日、戦に勝っている驕兵きょうへいだし、肩の錦布きんぎれが、めずらしくて、誇りがましくて、犬にも威張ってみたいような薩摩兵の群れであった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)