“きんき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
近畿30.4%
欣喜15.2%
錦旗13.0%
琴棋8.7%
禁忌8.7%
金気6.5%
金匱2.2%
金氣2.2%
金着2.2%
金著2.2%
金被2.2%
錦布2.2%
錦綺2.2%
錦葵2.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの恐ろしい函館の大火や近くは北陸地方の水害の記憶がまだなまなましいうちに、さらに九月二十一日の近畿地方大風水害が突発して
天災と国防 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
これを総括して改めて世にすことを慫慂せられ、さらにその整理校訂の労までを引き受けてくれられたことは、自分としては抑制しあたわざる欣喜である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
しかし思い給え、今や、小藩足利は、危機目前、ひと度、錦旗のまえに、賊名を負わば、何を以て、千日月のに、武士の名がござろう。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たたき、また、僻村の友など訪ねて琴棋をもてあそび、詩画に興じ、まったく往来のはかり難い兄のことですから……今日も何処へ行きましたことやら?
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
途中で禁忌症状が出れば、自分だけ途中下車して、病院に強制入院させられるでしょう。万一家に帰りついても、内地じゃ薬は自由にならないからね。
狂い凧 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
けだし弓は昔時にあつては神聖なる武器にして、戦場に用ゐらるるは言ふまでもなく、蟇目などとて妖魔ふの儀式もある位なれば、金気粛殺たるに取り合せてら無限の趣味を生ずるを見る。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
共に山精野鬼を借りて、乱臣賊子を罵殺せんとす。東西一双の白玉瓊金匱に堪へたりと云ふべし。(五月二十八日)
知る者なし然ども時として鷄の聲などのゆる事ありて此は金氣の埋れなりと評するのみ又誰も其他をに知るものりける然るに其屋敷の下に毛利家の藩中にて五十石三人扶持
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
金着せにせよ、本物にせよ、彼がどこでいくらで買ったのか知るものは誰もなかった。こういう点に掛けては無頓着でいられない性分の姉も、ただ好い加減にその出処を推察するに過ぎなかった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
單四嫂子はまだほかに銀の耳輪と金著せの銀を一本持っているので、それを咸亨の番頭さんに渡し、番頭さんが引受人になって、なかば現金、なかば掛で棺桶を一つ買い取ることにした。
明日 (新字新仮名) / 魯迅(著)
打った、——釜は金被せの大贋物さ。それを藤六の親孝行の徳で網へかかった事にし、お上のお目こぼしをいいことに金儲けを企んだのさ
九段からあのお壕端かけてかえりはことに錦布れの薩摩侍が大ぜい殺気立っていたっけ、このごろ毎度のことだから気にも留めていなかったし、それにこっちは師匠のことで一杯だったから
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
賊等うてこれをく。一丈ばかりるに、地中四個房閣ありけり。には、弓繒槍戟ちたる人形あり。には、繒綵錦綺し。ありて周夷王所賜錦三百端と。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「市場では錦葵がひどくい、これこそめっけものだよ」
酒友 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)