狂い凧くるいだこ
ある晴れた日の夕方、夕焼雲の色が褪せかけた頃、私は郊外の道を歩いていた。季節は晩秋か、初冬だったと思う。地上や中空にかなり強い風が吹いていて、樹々の梢を動かし、乾いた砂埃を立てていた。 それはある私鉄と別の私鉄の駅間を結ぶ道路で、中央部が簡 …
作品に特徴的な語句
ろう せん 白酒パイチュウ ぼうき のう しろ だこ 嚥下のみくだ 塵埃じんあい 壕舎ごうしゃ 夕昏ゆうぐれ 大沽タークー むね がまち こいし 義兄にい かげ 苦力クリー 蒸籠せいろ たず 高粱コーリャン うち 付箋ふせん せがれ 体躯たいく 俥夫しゃふ もう 内儀かみ 匍匐ほふく 千鈞せんきん 半纏はんてん 台辞せりふ 呂律ろれつ なご とが 善哉ぜんざい 地隙ちげき はし 少時しばらく 年嵩としかさ 慰藉いしゃ 所謂いわゆる 掏摸すり 杜氏とうじ はり 梱包こんぽう けやき 死貌しにがお なぐ 毀損きそん 気障きざ はな 温気うんき にじ 漸減ぜんげん かめ おい かん 白粉おしろい たらい 眉宇びう 矍鑠かくしゃく 磅礴ほうはく 禁忌きんき 穿刺せんし 箪笥たんす あわ 経緯いきさつ 縊死いし 肝腎かんじん 胸椎きょうつい もろ 舟子かこ へさき ふなばた 船艙せんそう はしけ とも たばこ 薬罐やかん 蟄居ちっきょ 街衢がいく たもと 裾毛すそげ まい すべ 追熟ついじゅく 鉄鋲てつびょう