“金気”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かなけ66.7%
きんき33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金気”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲25.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ははあ、何かの料理に電気をつかうと見えるね。金気かなけのものはあぶない。ことに尖ったものはあぶないとう云うんだろう。」
注文の多い料理店 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「この井戸いどみずは、金気かなけがあって、のめない。どうぞ、よそへいきなされ。」と、ことわりました。
水七景 (新字新仮名) / 小川未明(著)
日本中の黄金かねを掻き集めたいんで」「鼓が何んの用に立つな?」「名鼓は金気きんきを感じます。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
金気きんきをたっぷり帯びて立つ、尊いの中で、