次郎物語じろうものがたり02 第二部02 だいにぶ
母に死別してからの次郎の生活は、見ちがえるほどしっとりと落ちついていた。彼は、なるほど、はたから見ると淋しそうではあった。彼の眼の底に焼きつけられた母の顔が、何かにつけ、食卓や、壁や、黒板や、また時としては、空を飛ぶ雲のなかにさえあらわれて …
作品に特徴的な語句
ほお かん いみ きょう まば かい ゆわ うち いわ だい とお 準備じゅんび りき 盃事さかすきごと 一瞬いっしゅん 虚偽きょぎ うれ ぬぐ 葉隠はがくれ 従順じゅうじゅん ごと 小刀ナイフ かき せい 白楊ポプラ おんな がまち 繊細せんさい 壜詰びんずめ 歳暮くれ とも 執念しゅうねん 邪念じゃねん かた しゃく 味気あじけ げき 凝視ぎょうし 鑑賞かんしょう 頓着とんちゃく 厨子づし なま えん 午飯ひる とう 侠気きょうき きゅう わき にら 矛盾むじゅん からす むしろ 蒸炉むしろ 蒲鉾かまぼこ 蒲団ふとん くだ ねぎ 破鐘われがね 自惚うぬぼ 自家うち ひじ はだ もも こわ 腕組うでぐみ 眉根まゆね きわ 綽名あだな 真暗まっくら 粛々しゅくしゅく 簡略かんりゃく 素手すで はぶ 範囲はんい 給仕きゅうじ 箪笥たんす 算盤そろばん 真顔まがお 真似まね はら 脊骨せぼね 簡素かんそ 窮屈きゅうくつ 竹刀しない 肝煎きもいり 罐詰かんづめ 真赧まっか
題名が同じ作品
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:03 第三部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名)下村湖人 (著)
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名)下村湖人 (著)