“純真”のいろいろな読み方と例文
旧字:純眞
読み方割合
じゅんしん80.0%
じゆんしん20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
咲耶子さくやこは、その純真じゅんしんさけびに、たましいをつかまれてゆすぶられるように感じた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかもけっして既成きせいつかれた宗教しゅうきょうや、道徳どうとく残滓ざんしを、色あせた仮面かめんによって純真じゅんしん心意しんい所有者しょゆうしゃたちにあざむあたえんとするものではない。
だが、わしのトランクに関するかぎり、そのような純真じゅんしんな算術は成り立たないのだよ。せわしいから説明をしていられないが、しかしこれは事実なんだ。つまり、AはAプラスBプラスアルファよりも大なりという場合が有り得るんだ。
どもを、すきなわけをはなそうかね。それは、どこへいっても、どもは、しょうじきで純真じゅんしんだからさ。こちらへ、かえってみて、おどろいたのは、だれにあっても、こせこせして、かおにやさしみというものがない。
春さきの朝のこと (新字新仮名) / 小川未明(著)
大きく大きく、笑ひくづるゝ純真じゆんしん
畑の祭 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)