戦時旅行鞄せんじりょこうかばん――金博士シリーズ・6――――きんはかせシリーズ・ろく――
大上海の地下を二百メートル下った地底に、宇宙線をさけて生活している例の変り者の大科学者金博士のことは、かねて読者もお聞き及びであろう。 かの博士が、今日までに発明した超新兵器のかずかずは、文字どおり枚挙に遑あらず、読者の知って居られるものだ …
作品に特徴的な語句
みせ じょう ゆう しゅう 善事ぜんじ とど さいわ 明朝みょうちょう げん いや 発条はつじょう よく つら あざやか にわ 内容ないよう せつ 名目めいもく 執念しゅうねん 如何いかん かたち 差支さしつか 引込ひきこ かか 熟睡じゅくすい 相成あいな ひそ 税関ぜいかん から あつ ふなべり 船側せんそく 軌道きどう 遣繰やりく ゼロ くびき 馴染なじ 一矢いっし 万端ばんたん うち 久々ひさびさ 仰天ぎょうてん 仰有おっしゃ 任地にんち うかが 余人よじん そば まった 加減かげん 厄介やっかい だい しか 右舷うげん あき 周章あわ 喞筒ポンプ トン ささや 園丁えんてい 地底ちてい 埠頭ふとう 夕刻ゆうこく ほか 天井てんじょう 奇声きせい 好餌こうじ さまた 威張いば 実測じっそく 尊顔そんがん 小首こくび もっと 尻餅しりもち 左舷さげん ちまた 師恩しおん 庶民しょみん 引具ひきぐ せわ 思惑おもわく 怪訝けげん おそ うら 惰力だりょく おどろ いただ 手間てま えぐ 折角せっかく