畑の祭はたけのまつり
真赤なお天道さんが上らつしやる。やつこらさと 鍬を下ろすと、ケンケンケンケン…… 鶺鴒めが鳴きくさる、 崖の上の麦畠、 天気は快し、草つ原に露がいつぱいだで、 そこいら中ギラギラしてたまんねえ。 九右衛門さん、麦は上作だんべえ、 蚕豆もはぢ …
作品に特徴的な語句
おめ 退ずら ばひ おつ おつ でつ 仰向あほむけ わめ かを すき やゝ 精霊せうりやう すち うつ なか ぢゆう あだ いと ゆら まとひ 確乎かくこ はぢ へりく 耀かがやき わらひ 一杯いつぺえ 透徹とほ われ つつしみ 壮健がんぢやう 巡査まはり 白金はつきん 鶺鴒みそつちよ あく 吃驚びつくら ゑが 扁平ひらべつ 斧鉞まさかりよ きは 湿気しめり 女王ぢよわう ばゞ 夜業よばひ 寂然ひつそり おほし 赫耀くわくやく くわん さう あひだ いち 冥加めうが 一斉いつせい 凝視ぎようし 歓楽くわんらく 無窮むきう さを しゆ たましひ ちひ 小便しよんべん 一線いつせん あせ にほひ えにし 南風はえ かへ うる とほ あひ 恍惚くわうこつ まば 恍惚うつとり もぐ をさ 筒口つゝぐち 緑色りよくしよく 密集みつしふ もつぱ 幸福しあはせ すは まは 遠望ゑんばう なり おち 無性むしやう