彼女の周囲かのじょのしゅうい
彼女の姉だといふ人が、或る日突然竹村を訪ねて来た。 竹村には思ひがけない事であつたが、しかし彼女に若し姉とか兄とかいふ近親の人があるなら、その誰かゞ彼を訪ねてくるのに不思議はない筈であつた。それほど「彼女」は不幸な位置に立たせられてゐた。 …
作品に特徴的な語句
おつし 服装ふくさう いは 行為かうゐ おとづ いつは 処女しよぢよ 幼児えうじ 女性ぢよせい たい そゝ きは がは まう あら 大凡おほよ さいは 彼女かのぢよ 露出ろしゆつ まへ しよ みやび ちひ をんな すく 世帯しよたい 真実しんじつ かへ おほ 帰朝きてう 外国ぐわいこく かは かほ やはら 幸福かうふく 仕立じたて 空虚くうきよ たづ はう 出発しゆつぱつ 縁側ゑんがは 全然ぜんぜん みん 始終しじう うしな 市場しぢやう 平衡へいかう 証明しようめい 地方ちはう はい 訪問はうもん あなが あた 取返とりか 微笑ほゝゑ こゝろ はじ 分明はつきり ぶん 成立せいりつ 腕力わんりよく 欠陥けつかん 気質きしつ まつた 頭脳づのう なに あが しゆ あま 生活せいくわつ はた 不幸ふかう てん きず わづら じゆん きれ 幻影げんえい 気持きもち 種類しゆるゐ ねん うか わたくし 準備じゆんび やうや たゝ 無精ぶしやう くは たい 盛返もりか 寛容くわんよう 誘惑いうわく 実際じつさい