“純友”の読み方と例文
読み方割合
すみとも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天慶の昔——つくり話にちがいないが——将門と藤原純友というどっちも野放しの悍馬みたいな野望家が
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それにると、将門が在京の日に比叡の山頂に藤原純友と共に立つて皇居を俯瞰して、我は王族なり、に天子となるべし、卿は藤原氏なり、関白となるべし、と約束したとある。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
天慶年間(将門ノ乱の年)この辺で猛威をふるった藤原純友の根拠地は、伊予沖の日振島であったという。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)