百姓弥之助の話ひゃくしょうやのすけのはなし01 第一冊 植民地の巻01 だいいっさつ しょくみんちのまき
第一冊の序文 人間世界第一の長篇小説「大菩薩峠」の著者は今回また新たなる長篇小説「百姓弥之助の話」を人間世界に出す。 「百姓弥之助」は日本帝国の忠実なる一平民に過ぎない、全く忠実なる一平民以上でも無ければ以下でもない、この男は日本の国に於て …
作品に特徴的な語句
はずみ よろ きわみ あら かお はい づら すぐ もとゐ 如何どう さわやか 五合ごんごう さく ずい 洋燈ラムプ はず 艶消つやけし 甘薯かんしょ なま いくさ かたわら わか こま うるお 鋳込いこみ 旗幟はたのぼり 名残なご いおり くわ たく かじ 秋蚕しうさん たまもの から ひつぎ 桶伏おけぶせ かなめ 小平こだいら すく いも 蓮台れんだい へそ もろ 胡瓜きゅうり さかな そび ふけ しば すべ 素人しろうと 紅赤べにあか 糺問きゅうもん もち ぬか 精進しょうじん うるち かゆ あわ 粗朶そだ たけのこ はず またた なお 理由わけ はなは 生薑しょうが 田圃たんぼ 田舎いなか 略々ほぼ 畸人きじん あざ 痺弱ひよわ しゃく 眉毛まゆげ 福音ふくいん 立臼たちうす 穿 穫入とりい ひえ まれ とな 秩父ちちぶ 碾割ひきわり 破風はふ すずり 碁盤ごばん ほこら 禁錮きんこ