“粗朶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そだ97.2%
もや2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
藻草と海苔粗朶とが舟脚にからむ。横浪が高く右の方から打かゝつて来る。弁天島は黒い松の林に覆はれて湖水と海との間に浮んでゐる。
伊良湖の旅 (新字旧仮名) / 吉江喬松(著)
たまにゆきあうお百姓たちも村の人ではあろうが見知らぬ顔ばかりである。とある山蔭で粗朶を背負ってくる娘さんに逢った。
島守 (新字新仮名) / 中勘助(著)
それがひどく手持無沙汰の恰好に見えた。薪や粗朶を納屋から運び込むにも何かしら人目を憚かるやうにこそこそ運んだ。
(新字旧仮名) / 金田千鶴(著)