“日野”の読み方と例文
読み方割合
ひの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
みちみち可懐白山にわかれ、日野に迎えられ、やがて、越前の御嶽山懐かれた事はいうまでもなかろう。——武生は昔の府中である。
栃の実 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
たれかと見ると、蒲生忠三郎氏郷。——日野ノ城主の子、二十九歳の若者だった。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日野大納言
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)