“日野俊基”の読み方と例文
読み方割合
ひのとしもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はやくも日野俊基資朝らの犠牲を生みつつ——ついに、天皇の宮中脱出から、叡山旗上ゲの皇子らの手ちがいを見る——と、いった辺までを、どうやら書いてきたにすぎない。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)