“日野資朝”の読み方と例文
読み方割合
ひのすけとも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔、日野資朝といふ公卿さんがあつた。わるい賊共がをふるつて、天皇さまは、山の中へ住まひしていらせられた頃であつた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
天皇は、後の三房と云はれた万里小路宣房、吉田定房、北畠親房の三名臣を初め、日野資朝、日野俊基等の英才を起用せられ、鋭意諸政を改め給うたので、中興の気運勃々たるものがあつた。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)